gatag-00011135

635: 名無しさん@おーぷん[sage] 2016/03/30(水)22:09:24 ID:fBY [1/1回]
法事があるから親戚一同が集まることになってた
親戚のうちの一人がマジモンのピザで超絶我儘なクソガキ






4月から中学生で既に体重60キロ越という大物なのに
唯一いうことを聞く父親が飛行機が飛ばなくて来れないから子供のいうことにイエスマンな木偶の坊の母親だけが来てしまった
最中もさんざん迷惑かけられたのに食事になってまたピザが大暴れ
肉喰わせろ焼き肉焼き肉とわめき倒す
その時高3の従兄妹が一声
「私のお金で○○(一人予算5000円↑の焼肉店)連れてってあげてもいいよ。ただし私と全く同じものを食べるなら」
従兄妹スペック、女、小柄、自称ホビット族、スレンダー
従兄妹母も同意し、年の近い大学生の私が運転し、他にも甲殻類などのアレルギーがあって精進料理に制限のある子2人、計五人で焼肉店に行った
店は基本四人席なので、従兄妹とピザ、その他で席をわけた
従姉妹「この席の注文は私がしますんで、私が頼んだものしかお金払いませんから
それじゃ注文、大根サラダ10皿」
従姉妹は自分とピザの前にサラダを五皿ずつ並べる
さっさと食べる従姉妹と箸をつけないピザ
ピザが暴れだそうとすると「自分で払う?会計分けてもらおうか、それかパパに迎えに来てもらう?」と牽制
尚も暴れだしそうなピザに従姉妹は実際にパパに画像付きライン
従姉妹はさっさと食べ終わると再度注文「焼き野菜全部2人前ずつ」
ピザの前で並ぶ野菜
従姉妹は何食わぬ顔で完食
ピザは私達が食べる肉を指を加えてみていた
従姉妹はそこで「ご飯大盛り、スープ」を注文し、その後初めてお肉を注文
従姉妹は私達の席に移動し、肉は従姉妹一人が食べる
どうしてもお肉が食べたいというピザのために従姉妹は焦げたお肉をポイポイとあげていた
結局ピザはお肉にありつけずに終了
しかも翌日迎えに来た父親にこってり油を絞られていい気味だった

引用元: ・スカッとした武勇伝inOPEN




おすすめ記事