006a

448: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2009/02/02(月) 01:30:37 ID:nzzgBn0a
自室で抱きマクラを抱いて、アニメキャラとの会話をシミュレートするのが俺の日課。

「有希ちゃんかわいいねー^^ かわいいから大好き! 有希ちゃんてさあ、なんでそんなに可愛いの? 天使だから?」
「かわいくなんか…ない///」






「可愛いよ! そういう所が可愛いんだようもうちゅっちゅ! もう本当に何でこんなに可愛いんだろーねー」
「かずくんの事…好き、だから?」
「もおお! 正解!正解だよぅ有希ちゃん! モフモフモフ!」
「くすぐったい///」
「もっとくすぐったくしちゃうぞ! ここか! ここがええのんか!」

途中から無意識のうちに声が出ていたらしい。
不審に思ったオカンが部屋に入ってきた。
俺は慌てて掛け布団で抱きマクラを隠す

「なんね、あんたの部屋、誰かいるの?」
「(ビクッ)え、いや、だ、誰も居ないけど」
「嘘おっしゃい、誰かと話しとったでしょうが」
「いや、会社の人と電話しただけだけど」
「ケータイは居間に置きっぱなしだったで」
「あの、それは…」
「アンタ誰か隠しとるんじゃろが!」

オカンは布団をはぎ取り、有希ちゃんの抱きマクラがあらわになった。
一瞬の静寂の後、オカンは全てを悟ったらしく
「ごめんね…」
と綺麗な標準語でつぶやき去っていった。オカンごめんね

450: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2009/02/02(月) 02:00:35 ID:V+HvPXvf
>>448
切ないよ……切なすぎるよ
中高生の頃、見え見えな場所に隠してた(つもりの)エロ本のことを思い出すのと同じ位に

449: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2009/02/02(月) 01:34:18 ID:u8AuxPTO
>>448
なんか読んじゃってごめん!みたいな気になる。

引用元: ・★★恥ずかしくて死ぬかと思った体験 48度目★★




おすすめ記事