gazou_0152


44: 名無しさん@おーぷん 2017/05/13(土)19:24:51 ID:aw8
そもそも、当時の自分が神経わからん!という話なのですが。
10年前、大学生だった頃、当時付き合っていた彼氏が心変わりしてしまいフラれ、泣き暮らしていた時期がありました。
バイト先の男性社員Aに、是非友達になりたいと言われ、泣いて暮らすよりマシかとアドレスを交換し、メールのやり取りをするようになりました。
そのメールが段々気持ち悪いものにエスカレートし、「今日もキミの面影を抱いて眠るよ…抱くっていっても行為じゃないよ!」とか、
「女子大生とメールしてるなんてヤバいよね、俺!お小遣いあげなくちゃならないかな?お小遣いあげたら、円光だ!」など、これは友達とするメールじゃないよなぁという内容に。
30代と聞いていたのに、実は45歳だと知った瞬間に何もかも気持ち悪くなってしまい、バイトを辞めるタイミングで着信拒否しました。





半年後、大学を卒業して新しい携帯電話に変えた際に、着信拒否設定など忘れて使っていたら、Aから毎日着信が残るようになりました。
まだかけてくるの!?と慌てて拒否すると、非通知で留守番電話を残すようになりました。「つながった。元気ならいいんだ、ハハ」みたいなメッセージを残すので、非通知も拒否しました。
3年くらい経って、スマホに機種変した頃、知らない番号からの着信を仕事だと思い取ると、「あ、やっと出てくれた!久しぶりだね、元気?Aだよ!」
最初の着信拒否から4年近く経つのにまだかけてくる執念と神経がよくわからん!と思い、今の生活があるしもう関わりたくないと伝えると、「ウヘヘ…ヒヒ」と笑いながら電話を切られました。
その数年後LINEを初めて入れた時に「知り合いかも」にAが出てきたのにはさすがに参りました。もちろん自分側には番号もアドレスも登録していません。

安易な気持ちでアドレス交換なんてしちゃいけませんね。

引用元: ・その神経がわからん!その32




おすすめ記事