20070712204212


660: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/03/21(月) 14:31:29.51 ID:z6J99WNx.net
ずいぶん昔の話。
我が子が2歳になってすぐに川崎病にかかった。
中学の時の同級生でバイト先も一緒、ダンナも同じ会社の同僚で先に結婚し子供もいるAに電話で事情を話した。
ま、慰めて欲しかったんだよね。「頑張れ」とか。
病気になったと言った途端に「原因わかるまでうちに来ないでよね!」
当時の理解では、川崎病は原因不明だけど伝染するものではなく、1ヶ月ほどの入院と投薬で治るというもの。
さんざん「伝染するものではないし、他の病気の子と同室だ」と説明しても「原因がわからないということは感染るかもしれない」と返されて終わり。
挙句に「医者に完治したと言われるまで来ないで!」だった。





症状は治まってもその後数年間は経過観察で病院通いは続くから、完治したと言い切っても良いのやらと考えたけど面倒臭さくなって連絡取るのをやめた。

ダンナの付き合いで年賀状だけになって数年。
向こうから電話が来て何かと思ったら、「義妹の子供が川崎病にかかったんだけど、感染る病気じゃないのね~」
もうなんかどうでもよくなって年賀状もやめた。
もともと下に見られてたみたいだし、周りも共通点ないのになんで友人?と思ってたらしいし、我が子が大事は誰でもそうだろうからもういいや。

引用元: ・友達をやめるとき 119




おすすめ記事