1b08bbf2


194: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)23:13:08 ID:Lo1
昔DV男と付き合っていた
普通の恋愛関係から何かがおかしくなっていった
人当たりのいい奴で周囲にはとても物腰も柔らかく、言葉もとても巧みで
殴ったり性的暴力をふるうのは限られた状況だけで
すべては私に原因のあること、家族を含め誰も私を大事にしていない、守っているのは俺だけだという言葉をよく首を絞められながら言われた
最後の方は何をされても抵抗できなかったし世界中が自分たちの敵だと思っていた
自分には人として何の価値がないから男の家では服を着る資格がないと思い込まされ、全裸で生活していた
犬用の首輪と鎖で拘束されてもいた
なぜか来客などで服を着せてもらえたり食事をもらえた時は男にお礼を言っていた
首を絞めて意識を落としながら言い聞かせる手法も含め、催眠?の一種だったとは後に精神科で聞いた
バイト先で自殺未遂を図り、精神科の助けで関係を絶った後、男が「精神を病んだ私の妄想」と言いふらしたことで
通院中の私の言葉を信じてくれる人は共通の知人の中でも多くはなかった
別れた八つ当たりや嫌がらせだと思い、真面目な説教してくる人やあからさまに軽蔑すると言った人もいた





好んでそういう状況にいたのだろうとも言われた

何年もたち、その後私は、悪夢にうなされながら、なんとか生きている
男は私の後に付き合った女性に人前でも殴る蹴るの暴行をして正体がばれ交友関係が一気に縮まったらしい
私の時には信じなかった人たちも、顔まで青あざだらけの女性を目の前に、あれは本当だったのかと思い直したと聞いている

今思えば逃げるチャンスはたくさんあったと思う
でも男と離れたら世の中に味方はおらず、死ぬしかないんだと思わされていた私は、助けを求めて行動できるまで時間がかかった
十代後半からのたった三年間で何もかもぼろぼろになった
二十年経った今でも、結婚してひとりでなくなっても、まだ夢に見る
結局は私が悪かったのだと、もっと何か出来たはずだと思う気持ちもやはりどこかである
それは間違っているとわかっているのにわかれないんだ
だから、あの子がどうにかして悪夢をみなくてすむようにと願う
朝、目が覚めるたびに、自由な現実を、幸せな夢だと思わずにいられるようにしてあげてほしい

195: 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)00:39:01 ID:BhK
>>194

あの子とあなたに平穏な日々を

引用元: ・スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op6




おすすめ記事