rankingshare-3ac9adc0a46711e48a5a06cfc7d1632b5f034ac1e45b5fe5b1
87: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/08/09(火) 01:11:10.31 ID:n2hdasH1
お祭りのバイトで輸入雑貨を売ってたんだが、
いかにもDQNな金髪ドブス(25歳くらい)と、その母(50歳くらい)らしき金髪の恐ろしくデブスなババァが客として来た。
自分が接客したんだが、安くしろ安くしろとクソうるさい。
で、その日初バイトだった自分は商品の値段が分からず、「これいくら?」と聞かれ、間違えた値段を言ってしまった。
そしたら「はぁ?さっきの店員は〇〇円つってたぞ」とまくし立て、
「はいダメー。間違えたんだから安くしろー」と騒ぎ出した。






この時点でドン引きなんだが、違う店員が接客してくれて、仕方なく安く売った。
最後にその糞デブスババァが「今度は間違えんなよ~w」と言いながら帰っていった。
確実に50歳過ぎているであろうババァの汚すぎる言葉使いに呆れたし、卑しすぎる根性が本当に気持ち悪かった。
あと親子の顔が本当に気持ち悪かった。揃ってドブスなんだもん
死ねばいいのにあんなクズ

88: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/08/09(火) 01:16:53.54 ID:81D0Clar
>>87

そこまでのドブスなら最初から好かれようがないから捨てるものがない分ずうずうしくなるんだろうね
ともかく乙

89: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/08/09(火) 01:20:49.06 ID:3X7I6ibv
>>87

>はいダメー
情景イメージ出来るなぁ
いるいるわかるむかつく
所詮蛙の子は蛙
トンビはトンビしか産めないってこったな

蛙とトンビに謝ってくる

引用元: ・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第145話




おすすめ記事