edd811ee3a513f7b4e534cacd185610e

739: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/05(月) 19:53:05.91 ID:s8UftVJ4.net
無知だった大学生の頃、一人暮らしをしていたレディースマンションのすぐ側で大学生くらいの若い男に声をかけられた。






「この辺りに女性物の洋服を買えるところはありますか?」
彼女に買ってあげるのかな、と思いつつ、田舎でそんな場所はなかったので二駅先にはあるかも~みたいな返事をした。

そしたら男の話が、洋服屋の話→実は女装趣味がある→お姉さん(私)の洋服を貸してくれないか?→家に上げてくれないか?…になった。
さすがに「いま彼氏が部屋で待ってるから」と断って、男とは穏便に別れた。

後で彼氏に、本当に女装趣味の人っているんだね~と話したら、
「そいつ部屋に入ってお前のこと襲うつもりだったんじゃない?」
と言われて初めてぞっとした。

田舎育ちで過保護に育てられてて、それまで周りに良い人しかいなかったから、本当に衝撃的な出来事だった。

741: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/05(月) 20:14:15.69 ID:3VyvVj+d.net
>>739

他人の隠した悪意ってすぐに思い至らないよね

私も小学生の時ひとりで下校中、お金を落としたから一緒に探してほしいと言われて
場所を案内されるまま付いていったけど、マンションの階段を登っていった辺りで何かおかしいと思って走って逃げた
その時は何とも思ってなかったけど後になって考えると怖いね
小学校の目の前のマンションだったし

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 160度目




おすすめ記事