20091218161223

53: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/24(木) 17:43:28.67 ID:pKTYiTKr.net
長文失礼します。

小学校の時に学年中でも有名な嫌われ者がいた。(以下、Aとします。)
その子は明るい性格なのだけど、その分性格がキツくワガママ。
ジャイアンの女版みたいだと言うことで、あだ名はジャイ子。
最初は友だちもいたんだけど、高学年になる頃にはAの友だちは4人しかいなくなってた。
Aに言われるままに従う下僕のようなBとCと、幼なじみだから仕方なく付き合ってるDとEの4人。
他の子は寄り付かないし、男子からは徹底的に嫌われてる。






私はそのAに目を付けられて徹底的にいじめられた。
私が教室にいない間に、Aに机の中を漁られて自由帳を取り出され、絵をクラス中の皆に見せびらかし、最終的には絵をビリビリに破いて捨てられたり。
それ以外にもあったけど、Aはガタイが良くて力が強かったので、叩かれたりすることもあった。

それを見かねていつも仲良くしてくれたのが、Aの幼なじみの2人。
Aに「やめろ」とも言ってくれたけど、Aは自分中心なので止める気配はない。
それが小学校卒業するまで続き、中学校に入っても続いた。

54: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/24(木) 17:44:16.58 ID:pKTYiTKr.net
でも、いじめは突然止まる。
私は確かに小学校の頃は気弱で言い返せない性格だったけど、中学校に入って色んなものに影響される内にそうではなくなっていった。
アニメとか映画とか、影響されたものは色々あるけど、「自分の言いたいことは言う」ということを中学校になってから覚えた。

ある日、AがBに「明日(店の名前)に行こう」と誘ってるとこに遭遇した。
Bは「ごめんお金がないから...」って断ってたんだけど、Aは「そんなん知らんし。親に貰えば?」ってこんな感じで話が平行線。
それを見て、私は「なんでこの人はこんなに人のことを考えないんだろう?」って異様に腹が立って、2人の間に割って入って「Bは行けないって言ってるじゃん」とAにくってかかった。
Aは「なにお前?」って言って、そこから何を言ったか忘れたけど、Aは最終的に私の足を蹴って去っていった。
蹴られたとこは後で見たら青あざになってたんだけど、それがきっかけになって私はAに何をされても動じなくなった。
Aをいないものとして扱って、話しかけられても返事をしなかった。
次第に話しかけられることもなくなり、2年に上がる頃には完全に他人って感じ。

私の修羅場はここまでなんだけど、ここからAの修羅場が始まる。

55: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/24(木) 17:45:58.70 ID:pKTYiTKr.net
2年に上がって、Aは幼なじみだったDとEに遂に愛想をつかされた。
絶縁宣言をされたらしく、Aに残った友だちはBとCだけ。
その話を聞いてしばらく経った頃、事件が起きる。

Aがハサミを持ってトイレの個室に立てこもった。
原因は、元々友だちが少ないところをDとEに縁を切られたことと、家庭で母親と喧嘩になったことだった。
後から聞いたのだけど、Aの母親は結構ヤバイ人らしく、Aとも喧嘩が絶えなかったらしい。

騒ぎになって、先生2人とBとCが説得に言った。
Aは「(Aの名前)が悪いんだ」って繰り返してて、「氏んでやる」って言ってたみたい。
Aは嫌われていたけど、流石にクラスの女子陣は心配していた。
ただ男子には徹底的に嫌われていたため、男子は「早く氏ねよ」って言ってた。

結局、先生とBとCでは説得できなくて、DとEが説得に連れていかれた。
理由は、A「友だちがいない!自分は孤立してるし学校もきたくない!氏んでやる!」
→BとC「私たちがいるじゃん!」
→A「あんたたちじゃダメなの!いらない!DとEみたいな友だちが欲しい!」ということらしかった。

DとEの説得でAはトイレの個室から出てきたけど、その後、いらない宣言されたBとCはAに寄り付かなくなった。
DとEは先生になにか言われたらしいけど、それでもAとは最低限の会話しかしない。
Aは完全に孤立。
中学校の卒業まで登校はしていたけど、高校で別々になったのでその後は知らない。

Aが孤立していたのを見てちょっと同情したけど、手を差し伸べることは私にはできなかった。

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ 38話目




おすすめ記事