m_E381AAE38184E3828FE383BC


610: 名無しさん@おーぷん 2017/08/07(月)04:37:25 ID:Y7w
中学生の時に起こった話。
当時受験生の私に説教してきた母親。でも、その内容が本当に神経分からなかった。

母親の友達の息子のA君(私は全然知らん奴)はとても頭が良くて、地元の進学校もS判定になったくらい成績が良かった。
そのA君のババアが周りに常に言っているのが、「うちの孫は成績が良いけど、まぐれで落ちたらどうしよう」というもの。
で、周りは「やあね~、ババアさんwwwまぐれっていう言葉は悪いことに使う言葉じゃないわよ~ww」とそう言われるたびに返しているらしい。
そして、そう言われるたびにババアは誇らしげな様子だという。






この話を私に聞かせて「どう思った?」と聞く母親。
愚痴なんだろうなと判断した私は、この話を聞いて「嫌味ったらしいババアだな。」としか思えなかった。
そういった所、母親からビンタ。
どうやら、この話で伝えたかったことは「母親の自分にこういう風に周囲に自慢させるような成績とってくれ」ってことだったらしい。
今考えても本当に「お母さん、何考えてるの?」って思うくらいドン引きした。

引用元: ・その神経がわからん!その34




おすすめ記事