心配_女性


704: 名無しさん@おーぷん 2018/05/12(土)17:32:22 ID:Pcu
もしかして自分が神経分からん?とも思った話。

つい最近、職場の飲み会があった。
私は資格免許のある医療職。
飲み会には何種類かの医療職、事務さんなども含め色々な職種の方々が来ていた。

飲み会も終わり皆おのおの帰り始めた頃、ある人(Aさんとする)がお腹が痛くなったと言った。
Aさんはお酒は飲んでないのに顔色も真っ青で、冷汗をかくほどだった。
でも、お腹が痛くなってすごく気持ち悪くなって冷汗…って自分も何度も経験があって、
すぐに迷走神経反射ってやつだな、って思った。

Aさんは人にすごく気を遣うタイプで、ゆっくりトイレに行くから皆帰ってね、と言った。
その時には私を含め5人ほどが残ってた。
私は、自分だったらゆっくり時間をかけて、動けるようになってから移動したいし
待たれると気を遣ってしまうだろうなと思った。
とはいえ駅まで少し歩かないといけない距離のお店だったし、置いて帰るのも心配だなと思って迷った。
だから、Aさんに下手に声をかけずに、トイレから出てくるまで店内の邪魔にならない所で待つのが良いかなあなんて考えてた。
自分が腹痛→迷走神経反射起こしかけの時って、
汚い話だけど死ぬほどお腹が痛くても全然出なかったり、吐き気したりもする。
音を誰にも聞かれたくないって自分は思うタイプだから、トイレに行って声かけることが絶対に良いとは思えなかったんだ。






でも、ここで私とは別の医療職のBさんがスイッチオン。
Bさんはザ・熱血系の人で、悪い人じゃないけど思ったこと全て口に出すタイプ。

Aさんが体調が悪くなったと聞くやいなやトイレへ。
ドアをノックして声をかけまくる。
その時ちょうど吐いてたAさん、何とか落ち着いて出てくる。
そこにこれ飲んで!と冷たい水2杯飲ませるBさん。
さらに痛くなるんじゃ…
というかまだトイレにいたかったんじゃ…

オロオロしてる私に、
本当はあなたがこういうことしないといけないでしょ!?
免許持ってるんでしょ?!
とものすごい勢いで言われた。

Aさんはその後も何回かトイレに行き、
本当に皆ごめんね、もう大丈夫だから帰ってね、と毎回謝ってた。
何とか落ち着いた頃に全員で駅まで歩いて送っていった。
その後も何度か、本当はあなたが介抱するべきだったのに…のくだりのお説教をされ、
私が迷ってたのは全部間違いだったのかなあ…
でも自分がされたくないこと人にはできないなあ…
と数日経った今でもモヤモヤ。

705: 名無しさん@おーぷん 2018/05/12(土)18:12:15 ID:PNg
>>704

「自分だったら」で判断して、相手も同じに違いないと確認もせずにノータッチを決め込んだのは失策だと思う
ゆっくりしたいかどうかも含めてAさんの意見を聞くべきだったんじゃないかな

引用元: ・その神経がわからん!その41




おすすめ記事