pose_shitauchi_woman - コピー (2) - コピー
653: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/22(水) 00:07:15 ID:1X2TXI+5
高熱でふらふらになりながら病院(内科)に行ったとき。
待合室は元気なばーさんたちであふれかえっていた。
みな顔見知りらしく、椅子を占拠して大声でおしゃべり。
私も含め、若い人がぐったりしながら壁に寄りかかってても
誰一人椅子を譲ったりしない。

やっと1つ空いたので、そこに座っていると
後から別のばーさんがやってきた。






「あら〜○○さん久しぶり!最近見ないから心配したよ〜」
と呼ぶ仲間の元へ行くと「そうなのよ〜実はねえ…」と言いながら
座る場所を探して周囲を見回している。
椅子に座ってるのはみんなばあさん。若いのは私だけ。
「なんでこの子座ってんの?」という顔で見られ、仲間も非難の眼差しで私を見ていた。

やがて聞こえよがしに「○○さん足痛くない?大丈夫?」「椅子空いてないものねえ」
「少しの時間なら我慢できるから平気」と言い始めたが、
キツかったのと、なんで私が立たなきゃならないんだと腹が立ったので無視した。

年寄りってだけで席譲ってもらうのが当然と思うな。
ずうずうしいんだよ。

654: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/22(水) 00:08:28 ID:ue+OxjXP
>>653

病院に来てる時点でみんな平等。
譲る必要はない。
席取ったもん勝ち。

引用元: ・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第34話




おすすめ記事