shinrei_spot_tunnel
515: おさかなくわえた名無しさん 2018/12/04(火) 08:34:18.84 ID:ZVDGzedt.net
昔働いてた会社の上司は色々転職してた人だった。かりにA としよう。
若頃にやってたのが建設関係の通信教育のセールスマンで、全国をかけずり回っていたそうだ。






セールスで山奥の飯場や現地事務所に行くことも珍しくなかったらしい。
で、あるとき某県の山奥に、何日か通った。
そこは前から目を付けてた人が出向してた現場事務所で、同じ事務所や近くの飯場に興味がある人がいる。と紹介して貰ったりしたらしい
当然相手は仕事してるわけで、話を聞いて貰えるのは現場工事が終了後の夕方~夜。
幸い契約を貰えたので、フォローも兼ねて、現場事務所と飯場には、工事完了ぐらいまで定期的に通ったそうだ。
Aは免許を持って無くて、歩いて山に登っていた。勿論、背広で革靴姿である。

十数年後に免許法が替わり、Aも規制緩和で免許取得できるようになった。
その時にはもう転職していたAが家族連れてドライブに行ったのが、昔通ったあの現場。
その時作ってた道路や施設はできあがっていて、なかなかの風景が楽しめたそうだ。
その帰りに立ち寄った地元食堂で、面白い話を聞いた。

その道路や施設がある山には、男の幽霊が出るそうだ。
背広に革靴、黒い鞄を持っていて眼鏡をかけている。夜目にもその眼鏡が白く浮き上がって見えるらしい。
幽霊は山を登っていることもあれば、下っていることもある。
しかし、その幽霊に出合った者は決まって後で怪我をするんだと。
離していたのは大学生らしいグループで、今から肝試しにそこへ行くらしかった。

愛娘が、おばけが怖いから早く帰ろう。と言いだしたので、Aは直ぐに立ち去ったらしい。
嫁にも、慌てないで運転してね。事故が怖いから。と言われたと笑っていた。
Aは腹の中で「その幽霊は俺じゃ無いのか?幽霊本人が運転してる車に乗ってると知ったら、嫁や子供はなんて言うかな」
と思うと1人愉快な気分になったそうだ

519: おさかなくわえた名無しさん 2018/12/04(火) 10:48:44.12 ID:sB/E4dzn.net
>>515

短編小説みたいで面白い

520: おさかなくわえた名無しさん 2018/12/04(火) 12:21:59.08 ID:MIYSIpF0.net
>>515

最初の数行で無駄な情報多いと判断して読み飛ばし、最後の2行だけ読んで事足りた
そもそも体験でもない

522: おさかなくわえた名無しさん 2018/12/04(火) 12:43:25.91 ID:8Uueur3W.net
>>515

美術の課題で製作した像を、処分に困って道端に置いた話を思い出した。
祠が作られて、タタリ話つきで祭られていたとか。

521: おさかなくわえた名無しさん 2018/12/04(火) 12:41:22.52 ID:WcHfQfIh.net
規制緩和まで運転免許がとれないっていうのがよく解らない
ぐぐってもバイクのばかり

523: おさかなくわえた名無しさん 2018/12/04(火) 12:44:10.70 ID:8Uueur3W.net
>>521

AT限定とか?

529: おさかなくわえた名無しさん 2018/12/04(火) 15:34:53.11 ID:U16hxd6g.net
>>521

障がい者かなんかだったのが、規制緩和で免許とれるようになったとか??

537: おさかなくわえた名無しさん 2018/12/04(火) 21:31:02.99 ID:lHAFHe+e.net
>>521

視力関係かな

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 173度目




おすすめ記事