shitto_woman
296: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/03(金) 13:34:33.23 ID:aPJSDdUo.net
夫とは小学生で出会った。
3年のクラス替えで一緒のクラスになって、夫と出会った。
掃除当番のある日、夫と同じ班で教室の掃除をしていたとき、他の子は喋ってばかりであまり掃除しなのに、お前は頑張って掃除してえらいなとぶっきらぼうに褒めてくれた。
その一言がとても嬉しくて、それからは夫の事を気づいたら見ていた。

元々、自己主張することが苦手なため、陰から夫のことを見るくらいしか出来なかった。







中学は公立に進学し、夫も同じ中学に進学。
1年ではクラスが離れてしまって密かに泣いた。
小学校からの陰キャラが中学でも引き継がれ、クラスの中で目立たない部類。
小学生のときは夫を見ることで、周囲の事はあまり気にならなかったけど、クラスが離れると一人であることを痛烈に感じるようになった。
かといって友達の作り方があまり分からなかったので、一人で過ごすことが多かった。

2年生になると夫と同じクラスになり、私の心は浮き足だった。
夫が教室にいるだけで、心がこんなにも温かくなるんだと、夫の存在が私の中で大きくなっていることに気がついた。

298: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/03(金) 13:35:18.04 ID:aPJSDdUo.net
3年生も同じクラスになり、私は夫との絆に運命を感じた。
とは言うものの、夫に話しかけることもできず、淡々と過ごす日々でしかない。
3年生の体育祭のとき、男女混合の4人5脚で夫と同じメンバーになった。
並びは男女を交互にするため、必ず夫が私の隣にいてくれた。

運動神経もあまりよくない私は、練習で足を引っ張ることになる。
日頃からクラスメイトと関わり合っていないため、バッシングは当然のようにあった。
でも夫だけは私をフォローしてくれて、苦手なら練習に付き合うよと言ってくれた。
その言葉がとっても嬉しかったが、二人だけでの練習なんてドキドキしてしまって、練習にならないと思って、気持ちは嬉しいけど大丈夫と断ってしまった。
そのときの夫が少し呆れたような、寂しそうな顔をした事がいまでも忘れられない。

進路を考える頃、夫が進学する高校を知った。
地域でトップクラスでは無いが、それなりの学力が必要な公立高校だった。
私はそれを知って、必死になって勉強し夫と同じ高校に進学した。

高校では生徒数が多いため、同じクラスになる事はなかったが、夫が陸上部に入部したので私はそのマネージャーとして部活に参加した。
夏の暑い日も、冬の凍えるような寒さの日も、私は夫のためとおもって部員のサポートをした。
その甲斐もあって、先輩や同学年の部員からは私がいてくれるから助かると声をかけてくれるようになった。

299: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/03(金) 13:36:32.57 ID:aPJSDdUo.net
この頃から私も話しかけることができるようになり、友達もできてきた。
夫と一緒にいたいと思ってした入部だったが、それが私に積極性を芽生えさせてくれた。いまでも夫には感謝している。

高校を卒業した夫は大学に進学。
私は短大へ進学し、会社の事務員をすることになる。
一足早く社会人となった私は、陸上部の友達たちと就活の話など、参考になればと思い話した。
夫も就活で悩んでいる時期だったので、私から初めて連絡をして二人きりで食事をした。
夫と二人きりの時間。舞い上がりすぎて何を話して何を食べたかも覚えてないが、これまで味わったことのない高揚感があったことだけは覚えている。

その後、夫は就職し社会人となる。
そしてその会社で夫はある女と出会ってしまう。
夫はことある毎に私に、その女の事を話してくるが、私にとっては面白くない。
でも夫が嬉しそうに話す姿をみると、その表情を崩させたくないと思い私も笑顔であいづちを打つしかなかった。

それから程なくして夫から結婚することを聞かされた。
その女との間に子供ができたのだ。
私はおめでとうとしか言えなかった。
夫の妻になるのは私でしかありえない。
なのに夫は別の女と結婚した。

私は夫を誰よりも愛している。
いつか夫が本当の夫になるまで、私は夫のことを見続ける。

301: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/03(金) 13:36:40.25 ID:Wxlhvokv.net
>>296

つまんないし長いし自分語りは要らないから続きは書かなくていいよ
少なくとも違うスレに移動してくれ

302: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/03(金) 13:37:52.15 ID:IzTGheZd.net
>>299

キモい

引用元: ・その神経が分からん!part409




おすすめ記事