pose_mesen_uekara_man
318: 名無しさん@おーぷん[sage] 平成31年 04/11(木)17:54:37
社会人になって数年経つまで「鬱病になる人は優しい人」って思い込んでた。
鬱休職あがりの上司にパワハラされまくっても耐え続けた。
優しいせいで鬱になって、鬱のせいで優しい人なのに感情が変に昂りやすくなってるんだと思ってた。
だから言い返したりしちゃ絶対ダメだと思ってた。




でもそんななかでその上司を昔から知ってる他部署の偉い人と飲み会で話す機会があった。
そこで「あいつパワハラ気質だから大変だろ」って言われた。
パワハラ気質なのは昔からで、弱いものには強く、強いものには弱くしか出れない性格も入社したときからずっと変わらない。
強いものに逆らえないストレスを弱いものいじめで発散してるんだって周りにもバレバレだったらしい。
それを聞いて、自分の「鬱病になった人だから優しい人のはず」って思い込みに気がついた。
それから少しずつ理不尽なことを言われても言いなりにならないようになった。
上司はだんだんとわたしに理不尽なことは言わないようになり、むしろほとんど話しかけなくなっていった。
普通の指示事項もわざわざメールで言ってくるようになった。
わたしの職場でのストレスの発生源は解消されたけど、なんで変な思い込みをしてたのかはわからない。
もしかしたら母が「あの人は生真面目で優しいから鬱とかになりそうで心配」というような話を父と話していたのが、自分の頭の中で改変されてたのかも。

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板74




おすすめ記事