【ヒェッ】友人は家賃が安い理由で『前住者が風呂場で転倒し頭を打ちパニックの内に溺死した』という事故物件に住んでいた。ある日、仕事から帰ると脱衣所の床に謎の水溜りが…

shinrei_spot_building
408: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/03/23(木) 11:38:08.22 ID:QdGUj53F.net
事故物件に住んでいた友人の話

そいつは家賃が安いという理由で、事故物件に住んでいた。
幽霊とかそんなのは気合いでなんとかなると豪語していた。

その物件は前住者が風呂場で転倒し、頭を打ちパニックの内に溺死したという。
夏場で発見が遅れたせいで、死体は半分熔けていたそうだ。
バスタブが新しい物に交換されているので、気持ち悪いとも思っていなかったそうだ。

ある夏の日、仕事から帰ると脱衣所の床に水が溜まっていた。
ちょうど前住者が無くなっていた時期と重なる頃合いだった。
「ついに来たか」そう思った。
その水からはわずかに腐臭も漂い、当時のバスタブの水が現れたのかと思っていた。
「まあ、水だけなら問題ない」と、とりあえず掃除した。

夜寝ていると、風呂場から水の流れる音で目が覚めた。
シャワーはちゃんと止めていたので、さすがに友人はビビッた。
とはいえ水を止めないことには変わりがないので、意を決して風呂場に向かった。
そこにあったのは、天井から汚物まみれの汚水が滝のように流れている光景。
まさにパニック!

だがそれは心霊現象ではなく、排水パイプが破損し上階以上の部屋から流れる汚水が、友人の風呂場に流れ落ちていたというもの。
大家と管理会社に連絡し、対応してもらったという。
今でもその部屋に住み続けているが、夏のある日だけ腐臭漂う水が脱衣所に溜まるという。
その都度、管理会社に報告し点検してもらうが、パイプの破損は見つからない。

水の出所は不明のままだそうだ。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 150度目



sponsored links

おすすめ記事