【恐怖】裸族生活を送っている女だが、夜間ドアの外に人の気配を感じ翌日外に出ると男性の靴跡と謎の液体が。何が起こっているか分からなかったが→その数時間後に背筋が凍る

コメント(0)
trauma_woman
258: 本当にあった怖い名無し 2005/09/30(金) 10:58:41 ID:SAE8/gDX0
以前住んでいたアパートは、築5年程度の小奇麗な若者向けの1Kの物件でした。
1階と2階が空いていたけど、2階は西日がまともに入るので1階を借りることにしました。
周囲の人からは、「女性なのに1階を借りるなんて、物騒じゃないか?」などと言われましたが、通りにも面していないし、周りは住宅に囲まれているから不審者も入りづらいだろうと、あまり気にせずにいました。
入居してからは1人の気楽さで、風呂上がりは全裸やパンツ一枚で部屋をうろうろするはしたなさでした。

入居後数日たったある日、風呂上がりにやはり全裸で部屋にいるとドアの外に人の気配がします。
郵便受けにはポケットがついているし、中が見えるはずもないからと適当に無視していましたが、しつこくいるような気配です。
気味が悪くなり、早々にパジャマを着てその日は寝てしまいました。

翌朝、出勤のためドアを開けると、自分の部屋の前に男性の物らしき靴跡が残っていました。

かなり長時間いたのか、ドアの方を向いた靴跡がいくつもありました。
ドアを閉め、カギをかけようとしてあらためてドアを見ると、何か液体のようなものをドアにかけた跡が残っていました。
しかし、そのときは何が起こっているのかよくわからずにいました。

259: つづき 2005/09/30(金) 10:59:50 ID:SAE8/gDX0
その日の夜、気味悪く思いながらも帰宅し風呂に入ろうと服を脱いでいると、どうもドアの方におかしな気配がします。
恐る恐る近付いて良く見ると、ドアののぞき窓にレンズが付いていません。
丸く開いた穴からは、外が見えます。
愕然として急いで服を着て様子を伺いながらドアを開けると、すぐそこにドアののぞき窓のレンズが落ちていました。
内側のレンズは、玄関に落ちていました。
すぐさま拾ってレンズをがっちり止めて、更にガムテープで塞ぎました。

このアパートは居住者が転出後はカギを開放しておくので、どうやらそいつはそのときにレンズを緩めておいて、いつでも覗けるように細工をしていたようです。
ドアの汚れは、のぞきの最中に出したんでしょう。
休みの日、半べそでそうじしました。
お金が無いのでその後数年住み続けましたが、洗濯して干しておいたパジャマのズボンだけが無くなったのをきっかけに、ペット可物件に引越し、犬を飼いました。

長くてスマソ

262: 本当にあった怖い名無し 2005/09/30(金) 20:01:21 ID:IpZSQXXaO
アパートの一階の、玄関前で一人でするなんてかなりのツワモノ
人通らなかったんだろうか

263: 本当にあった怖い名無し 2005/09/30(金) 21:23:22 ID:xD2idAfgO
それ以前にドアから堂々と覗いてる時点でかなり勇気いるぞ。

引用元: ・一人暮らしの怖い話… part



sponsored links

おすすめ記事