クズ速報

クズだな~と思う体験談やニュースををまとめるブログです

オカルト

【なんだ??】ソファーでうたた寝してたら「ただいまー」と娘が帰って来た。それに答えるように「お帰り」の声。あれ?主人家にいるんだ…と起きてみたら娘だけ……ん??

f631f07e
624: 名無し 2016/05/27(金)18:05:59 ID:fqM
オカ板に書くにはプチなのでこちらへ。
ソファでうたた寝していたら
『ただいまー』
と娘がバイトから帰って来た。それに対して
『お帰り』の声。
あれ?主人家にいるんだ…と起きてみたらいるのは娘だけ。

続き

【形見】駅のベンチでウトウトしてたら、隣に座る子連れママに亡くなった旦那の指輪を泥された。腕を掴んで揉めてると駅員が来て事務所へ連れていかれたが、泥子の様子がおかしい…

th_shutterstock_131909912-1024x534
789: 名無しの心子知らず[sage] 2012/03/16(金) 20:50:30.87 ID:ds9dWTEL
初めて書き込みます。
オカルト注意。

前提として、私は旦那を亡くした小梨。
旦那が生前くれた指輪を毎日つけている。
旦那がもともと着けていた物だからサイズが合わず、ちょっと引っ張ればスルッと抜けるけど、日常生活に支障はない程度。

先日、駅のホームにて。
ベンチでウトウトしていたら、手に何か触れる感触。
寝ぼけながら目を向けると、指輪がない!!
隣に座る女性(4歳くらいの女の子連れ)が立ち上がったところを「怪しい」と直感、腕を掴んだ。
「あの、指輪…」と声を掛けると、「これは私が買った!」と逃げようとする。
揉めていると駅員が来て、喚く泥を連れて事務所のようなところへ移動させてくれた。

続き

【災い】母方のおばあちゃんが異国のおもちゃとか大事にしてて、それが母へと受け継がれてた。ある時、その大事にしていた物がいくつかなくなっていた…そして事件が起きる…

24-1s
165: 名無しの心子知らず[sage] 2012/05/30(水) 14:17:13.97 ID:Jdosc7DX
かなり昔だけど泥された話、オカルト成分入り。

うちは田舎のかなり古い家で、本当に古いだけで何もすごいことはないんだけど、ほんのちょっとだけ
自慢できることに「異国の血が混じってる」ってことがあった。
その関係で、母方のおばあちゃんが異国のおもちゃとか大事にしてて、それが母へと受け継がれてた。
中には相当な値打ちものがあるんだけど、そんなものはどうでもよくて、ただおばあちゃんが大事に
してたものというそれなりに丁寧な扱いをしていた。

十数年前のこと、都会から疎開してきたバツイチ家族(ママと子二人と両親)があいさつに来たのだけど、
田舎でお隣さんとも離れ気味とは言え、なんでうちのほうまで来るんだろうという程度の距離。
しかも何かと理由をつけて(子供をダシにしたりもらいものを持ってきたり等)家に上がりたがるような人だった。
こちとら田舎でも、やたら家の奥に入りたがるような人はさすがにつきあいたくなくなり、当然周りでも
そんなんだから当然のように孤立していきました。

ところがある時、同じ集落の人で、町でリサイクルショップをやってる旦那が夜中に突然やってきて、
「見間違いだったらいいんだけど、あれ、どこにある?」と言ってきました。

続き

【何かいる…】いつもの道より1本裏道を通って帰宅中、子供がある家を見て「こわい」と言い出した。立ち止まって見てたら、住人らしき人が叫んだ「あんたたちもなんなのよぉぉ!」

mirai9-43
897: 名無しの心子知らず[sage] 2012/12/11(火) 17:42:37.13 ID:19XhEzfh
キチママにキチ呼ばわりされた。
といっても、こっちもちゃんと説明できるものではなかったから仕方がないのかもしれないけど。
キチ成分も少なめなのと、どっちかというと怖いほうの話に近いところもある。
ちょっと長くなります。


幼稚園から徒歩で帰宅中スーパーに寄ったのでいつもの道より1本裏道を通った。
いつもの道は大きめな道路にある歩道で、裏道はそこから住宅のある通り。

続き

【不思議】タクシーの運転手さんが「この仕事をしていると不思議な体験をすることがある」と言って怖いだけでなく切ない話を聞かせてくれたんだが

TAXI0I9A3710_TP_V1
710: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26(月)18:15:38 ID:q0c
この間長距離をタクシーで移動したんだが、その時の運転手さんが言うには
“この仕事をしていると不思議な体験をすることはたまにある”そうで、
運転手仲間には色々怖い思いをしたことがあるらしい。
その中で、怖いだけでなくてちょっと切ない感じがして印象に残った話を投下。

その運転手をAさんとする。
Aさんはある日高齢の男性を乗せた。
その男性は乗車した時からニコニコしてて、色々世間話を振ってきた。
その男性、初めての孫が生まれたらしいんだ。
男性は早くに妻を亡くし、男手ひとつで一人娘を育て
ようやく立派な男性の元に嫁いで行ってやれやれ・・・と思っていたものの
結婚してもなかなか子宝に恵まれなかった。
男親には相談相手になってやることもできず、その事だけが気にかかっていた。
結婚10年が過ぎてもう半分は諦めていたところ、娘から妊娠したとの朗報が。
大事に大事にするようにと娘に話し、生まれてくる孫のことをそれはそれは楽しみにしていた。

続き
お知らせ
アンケートを設置しました
お気軽にご回答頂けると幸いです
↓↓↓

アンケート
最新記事
月別アーカイブ
記事検索
Twitter
更新情報をつぶやいています。 フォローお待ちしております!
follow us in feedly

逆アクセスランキング
スポンサードリンク