クズ速報

クズだな~と思う体験談やニュースををまとめるブログです

デート

【競馬デート】彼女「あっ、あの馬うんちした!」俺「あー、あれはね、ボロをするっていうんだよ」→まさかこの後俺自身がボロを漏らすことになるとは

rankingshare-a3335db0b9c311e2a4a300007f000001b4ea024ebde1ce2fe5

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/22(土) 01:09:14.865 ID:mDUbPimbp.net
あれは1年前、札幌記念の日のことだった

俺と彼女は朝7時に駅で待ち合わせをし札幌競馬場へと向かった

すでに行列ができており俺たちもそこに列んだ

俺は彼女に競馬についての簡単な薀蓄を語りながら開門の時間を待っていた

続き

【地雷】女から誘われたのでご飯食べに行った結果→女「え?割り勘?」俺「」

583c4aab67eea

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/03(土) 12:51:52.709 ID:CjTBZ2O+0.net
女から誘われたときも奢らないとだめなのか?

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/03(土) 12:53:31.609 ID:CjTBZ2O+0.net
お前ら誘われた場合でも奢るのか?

続き

彼女とデートに行くぞー!と玄関をでたら妊婦さんが廊下でうずくまってた。彼女と一緒に励ましながら病院へ連れて行った。その日の夜...

images

436: 名無しさん@おーぷん 2014/09/16(火)15:44:28 ID:9zlKm2LJV
彼女とデートに行くぞー!とアパートの玄関を出たら、お向かいの妊婦さんが廊下でうずくまってた。

慌てて駆け寄って事情を聞くと、出掛けようとしたら、予定日よりだいぶ前なのに、お腹の張りと痛みで動けなくなってしまったらしい。

旦那さんは仕事中で連絡がつかなかった。

割と近くに産婦人科の病院があったが、話を聞くと妊婦さんの掛かりつけの病院は結構離れたところだった。

救急車を呼ぼうか?と聞いても大丈夫、休んでいれば良くなる、の一点張りだったが、顔色は悪いし、脂汗もひどく、痛みのせいかぐしゃぐしゃに泣いていた。

意を決して、妊婦さんを抱きかかえて車に乗せて、すぐ近くの方の産婦人科へ連れて行った。彼女は妊婦さんに寄り添って励ましている。

病院に駆け込んで受け付けに事情を説明すると、すぐに数人の看護師さんが飛び出してきてくれて、裏口からストレッチャーで妊婦さんは運ばれて行った。


続き

彼女とお好み焼き屋に行った時、俺「え、焼きながら押すの!?」彼女「この方が早く焼けるし、ウチせっかちなんだよね」→別の日、しゃぶしゃぶ屋でも…

m_E381AAE38184E3828FE383BC

630: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 21:43:27.24 ID:ldeDkXuc.net
付き合ってはいなかったけど、デートを何度かするくらいにはいい感じだった女性

お好み焼き屋に行った時、お好み焼きをペタペタペタペタ押しながら焼いていた
「え、押すの!?」って聞いたら「え、むしろ押さないの?」と返ってきたので
押してないお好み焼きを作って食べさせたら「めっちゃおいしい!全然違う!こっちの方が断然おいしい!」と大絶賛
しかし相手はお好み焼きをそれでもまだ押し続ける
「だってこの方が早く焼けるじゃん。ウチせっかちなんだよね」
自分のだけならまだしも、俺の分まで手際よく焼きやがる
相手曰く「私みんなでごはん食べに行く時、いつもこういう係なんだよねwお母さんみたいってよく言われる〜w」
余計なお世話でしかなかった
好みってもんがあるから、中には押した状態のチヂミみたいなお好み焼きが好きって奴もいるし
好きでやってんならまだしも、押してない状態のやつがおいしいって言っといて
早く焼けるって理由で押すのはなぁとモヤモヤした


続き

会社の飲み会で知り合った彼。デートを重ねていくうちに結婚まで考えたのに、遺伝子とともに親から受け継いだ名前で冷めるとは思わなかった。

gazou_0033

877: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 11:04:47.22 ID:EtEIA9+W.net
今年の冷め話
グループ会社の飲み会で知り合った同期の男性。
飲み会で酔ってたのもあって盛り上がり意気投合して連絡先交換した。
それから映画出かけよう、あそこにで食べ歩きしようよとデートを重ねてお互いイイ感じに。
そして迎えた3回目のデート、ランチ〜水族館〜夜景って予定立てて
いよいよ告白されるかな?されなければ私から告白しよう!って意気込んでた。

楽しいランチ、続く水族館も薄暗いなか彼を目で追って離れないようにくっついて歩いた。
まぁ少し離れたとしても「青木さんこっちだよ」とか「佐藤君どこ?」とか
お互い呼びかけて会話して本当に楽しいひと時を過ごしてた。

絶対このまま告白イケる、彼と結婚できたりして〜なんて妄想止まらず
結婚したら彼の「佐藤」って苗字になるんだよね、と青写真描いてた私の名前:青木サトコ
結婚したらサトウサトコ。なんか変じゃない?韻踏んでるよね?まぁ、いいか?
あ!彼の方を私の苗字に変えてもらえば!と考えたけど彼の名前:佐藤ナオキ
オアキナオキ、の方が韻踏んでる…

この瞬間なんかスッと「ありえない」って無感情になっちゃった。
目の前で男性が微笑んでるけど何この人?誰この人?
一緒にイルカショー見に行くことになってるんだけど何でアナタと?
私の無表情っぷりが相手男性に伝わったみたいで夜景は見ずに帰路へ着き、
以後メールも一切交わさず元々別の事業所勤務のため会うことも無く普通に仕事してる。

名前はフェイクだけど、二人とも普通のありふれた名前
加えて私は遺伝性のハゲ・身長・顔レベルなど本人ではどうしようもない、
仕方ないことは気にしないってスタンスで恋人探ししてたから
遺伝子とともに親から受け継いだ名前で冷めるとは思わなかった。

続き
最新記事
記事検索
Twitter
更新情報をつぶやいています。 フォローお待ちしております!
follow us in feedly

逆アクセスランキング
スポンサードリンク