クズ速報

クズだな~と思う体験談やニュースををまとめるブログです

【呆れた】上の子の誕生日で母と私と子供達で出かけて帰ってきたら父が電話してて誰かと思えば父の友人。父は留守番だったので絶賛酔っ払い中。やっとゆっくり出来ると思ったら…

gazou_0491


630: 名無しさん@おーぷん 2017/05/01(月)17:59:55 ID:F9x
リアルでは愚痴れないから吐き出し

私はアラサー既婚子2あり
でも調停中にて出戻り中
土曜の夕方、上の子の誕生日で母と私と子供達で出かけて帰ってきたら父が電話してて誰かと思えば父の友人
父は留守番だったので絶賛酔っ払い中
疲れて帰ってきてやっとゆっくり出来ると思ったら、父友人が我が家に来ると…もう1人誘って2人が1時間絶たないうち我が家に集合(以外父友人1、2)
あのね、上の子の誕生日なのに普通呼ぶか?
ただのノリで来た父友人12
父友人1はコンビニで買った酒とつまみ、父友人2は手ぶら
上の子にはおめでとうもなく飲み会開始
ちなみに2人は祖母(父の母、敷地内別居)の送迎でいらっしゃいました
続き

【無神経】父が平気で家族の前でキャバ嬢の話をするのが嫌。普段からちょいちょいテレビにキャバ嬢が映ってたら「役員だったときはよく行ったなー」とか

4c2b5f60


144: 名無しさん@おーぷん 2017/04/11(火)09:22:24 ID:5OM
父が平気で家族の前でキャバ嬢の話をするのが嫌。
普段からちょいちょいテレビにキャバ嬢が映ってたら
「役員だったときはよく行ったなー」とか言ってた。
でも母のいないときだからハイハイって受け流してたけど、
この前料亭の話をしてたら
「あー、なんだっけ。そこ確かキャバ嬢と言ったわ!」って大声で言った。
その時は母もいたから驚いた。
続き

【GJ!!】私の実家は自営。父はワンマン糞親父。暴言と鉄拳で我が家を支配していた。一昨年、母が病気をした。そしたら父が母に離婚を宣言した

tsuru_syouganaina-_TP_V1


35: 名無しさん@おーぷん 2018/01/04(木)11:23:03 ID:HnX
私の実家は自営。父はワンマン糞親父。暴言と鉄拳で我が家を支配していた。
家族構成は父・母・長兄(県外で就職)・次兄(父の会社に就職)・私(県外)・弟(父の会社)
一昨年、母が病気をした。
そしたら父が母に離婚を宣言した。
使えない奴はイラン、俺の金を医療費なんかに使わせないが理由。もともと経済DVのひどい父だった。
それを知って長兄が激怒。
さっさと母を引き取って自分の住む町の病院に入院させ、離婚に強い弁護士を探して雇った。
父にしたら、家族が自分にはむかうなんて青天の霹靂だったようだ。
父は最初「あいつらごときに何ができる」と強気だったが
DV、暴言、経済DVの証拠が揃っていて、弁護士に恫喝が効かないと気づきやっとオタつきはじめた。
父が弁護士に対応している間に、次兄と弟が会社を立ち上げ
従業員の3/4を引き連れて独立。
今までは母を人質に取られてるようなもんだったけど、母が兄に保護されたのであっさり独立した。
父はストレスで血圧が急上昇し、ぶっ倒れた。
病院に搬送されて検査したら、動脈瘤だの肝硬変だの病気のデパート状態だった。
続き

【は?】40肩というのか腕を上げると激痛が走り、ブラのホックを留められないんだよねーと母親に話していたら、黙って新聞を読んでいた父がポツリと…

1HZ


335: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05(土)01:28:11 ID:VdC
小さい話だけど。
40肩というのか腕を上げると激痛が走り、ブラのホックを留められないんだよねーと母親に話していたら
黙って新聞を読んでいた父がポツリと
「フロントホックのを買えばいいんじゃないのか」と呟いたこと
わからない人に説明すると前に留め具がついているので背中に手を回さなくて済むブラのことである
だが父は70才、ド田舎の町役場を定年まで勤めあげた勤勉実直を絵に描いたようにクソ真面目な性格であり
続き

【ありがとう】私の家は貧乏だった。食べ物は近所の畑から少しだけ貰ってきたりしてたからあまり困らなかったけど、私はゲームとかお洒落が出来ないことを不満に思ってた。が…

gatag-00013309


227: 名無しさん@おーぷん[] 2015/06/19(金)21:48:36 ID:5j5 [1/1回]
ここでひとつ武勇伝を。
私のじゃなくて父親のだけど。

私が小6頃の話。
私の家は少々貧乏だった。
車も常に中古の軽自動車だったし、家も小さなアパート。
家族構成は父、母、私、妹の四人家族。
食べ物は近所の畑から少しだけ貰ってきたりしてたからあまり困らなかったけど、私はゲームとかお洒落が出来ないことを不満に思ってた。
特にお洒落は年頃の娘だったこともあって、父親にはよく「可愛い服が欲しい」と不満をこぼしてた。
そんなある日、私がいつも通り父にお洒落な服をねだったら父が「わかった。ついてこい」と言った。
私は洋服屋さんにいくのかと思ったら、向かったのは近所の家。
ピンポンを押して出てきた奥さんに父は「娘にぴったりの服を何着かくれ」と言った。
続き
お知らせ
アンケートを設置しました
お気軽にご回答頂けると幸いです
↓↓↓

アンケート
最新記事
月別アーカイブ
記事検索
Twitter
更新情報をつぶやいています。 フォローお待ちしております!
follow us in feedly

逆アクセスランキング
スポンサードリンク